もちほと飛蚊症。

ここ2年くらい?視界に黒い点が見え始めていました。

最初はぼんやり、「点があるかも…」くらいだったのですが、それは日に日に濃くなり、はっきりとしてきました。

これ、なんかの病気じゃね…?(;゚д゚)

とは思っていたものの、普段さほど気にならないのでスルーしてました。

 

そもそもアトピー持ちの私は、目にもアレルギーがあるようで、定期的に眼科に通っています。

その眼科で特に何も言われた事はないのですが、先日思い出したので診察の際に言ってみました。

 

「最近この辺に黒い点が見えるんですけど…」

 

聞いた瞬間、医者とその後ろに控える看護師さんが、

「プフー( ´ω` )」

 

眼球内の硝子体には繊維が含まれていて、それが濁ってくると視界に見えちゃうようになるそうです。

この繊維は誰にでもあるものだけど、これの存在にうっかり気づいちゃったら、付き合っていくしかないんですって(´-ω-`)

これを「生理的飛蚊症」と言うそうです。

 

私「えっ、これって原因はなんなんですか」

医者「あー…歳とるとねえ…見えやすくなるんだよねえ…」←ちょっと言いにくそう。

 

歳とると…

 

そうか…( ´ω` )

 

切なくなりました。

 

その繊維は若い時には透明だけど、歳とると濁るんだって!

 

さすが人生折り返しだよ!

Advertisement