ほんとはさみしかったじなん。

長男長女はばあばちゃんの家へ…。

8/6の出校日以降、10日間ほどばあばちゃんの家へ行っていた長男長女。

じなんは当然こちらでお留守番なのですが…。

(「みんないないなつやすみ。 」もご覧ください!)

探したのは最初だけ。

それ以降、まったく違和感なく過ごしていました。

居なくなった兄と姉のことをどう思ってるのか、最初から居なかったものになってるのか、とにかくふつうでした。

むしろ、喧嘩することもないし、快適に見えました。

家の中も静か。

 

どう思ってるのかが気になるけどその辺がまだわかりません…。

でもなんともなさそう。

ところが2人が帰宅すると…。

気配に気づき、寝ぼけた感じで起き上がったじなん。

小さい声で、「にーちゃん?ねーちゃん?」と…。

 

その次の瞬間。

はっきり目を覚まし、大きな声で言ったじなん。

飛び起きてきて、抱きつきました。

 

この時初めて、「あ、寂しかったのか!」と…。

そして、動画を撮っとけばよかったとほんとに後悔…(´-ω-`)

 

いたら喧嘩したりするし、

居ないなら居ないで普通に過ごしていたから、

なんとも思ってないのかなとちょっと思っていたけれど、

ほんとはさみしいのを我慢してたんだねえ。

 

そのあとは、姉と遊んだり、兄にいつもはあげないおやつを分けてあげたりしていました。

 

そして、

初めて私から離れたところで寝ました。

 

喧嘩したりしても、3人一緒がいいんだなあと、少し嬉しい気持ちになりました。

 

Advertisement