なつやすみの宿題…。

夏休みの宿題は親の宿題でもある。

長期休みの宿題…。

当然出された子どもも大変ですが、親も大変です…。

学校によって違うとは思いますが、うちの子どもたちの通う小学校では、親が宿題の丸付けまでしてやり直しをさせ、全て正解の状態で提出しなくてはなりません。

うちのばあい。

だいたいこんなかんじ。

電車でばあばちゃんの家へ行くことをとても楽しみにしているので、そこは譲れないようで、がっつり最初に宿題をやってしまいます。

しかし見る方は大変(´-ω-`)

そうなんと言っても…

そうだ、今年から2倍。。。

させるのも、丸付けするのもやり直しさせるのも2倍。。。

親の仕事も2倍。。。

3人とかいる人の苦労は相当なものですね…(´;ω;`)

そもそも勉強が不得意というか苦手というか嫌いな私にとって、これがかなりの苦痛です(´-ω-`)

一年生の宿題はまだパッとみてわかるものの、四年生になるとちょっと考えなきゃいけないようなものが多くて一緒に四苦八苦。

夏休みの日課に加わる宿題。

なので、普段の仕事家事育児に加えてこの作業が加わるわけです。

そもそも、最初から一緒にやって、間違ってた時点で「それ違うよ」と訂正して教えてあげれば手間もかからないのですが、なかなか毎日毎日そうできるわけでもなく…(´;ω;`)

 

ほかにも自由研究に絵画コンクールなどの宿題もあり。。。

宿題を可視化すれば一番いいんだろうなと思いますが、結局リストを作って消しこんで行く程度にとどまっています。

子どもにも見やすくわかりやすいものを作ってあげよう…と思いながらもう8月半ばです(。-_-。 )

 

自分の仕事の休みの兼ね合いも考えると、夏休みって長いのか短いのかわからなくなります(´;ω;`)

 

夏休み早く終わればいいのにな…と、いうより、宿題減ればいいのにな…と、毎年思います。

 

世のお母様お父様、本当にお疲れ様です。

夏休みもあとすこし、頑張りましょう◟( ´͈ ꒫ `͈ )◞

Advertisement