妊娠性エプーリス②

前回のお話↓

妊娠性エプーリス①

遂に歯医者さんで切除。

翌週にはすっかり成長していたので歯が傾く恐れもあり、

その週の歯医者で切除(レーザーで焼き切る)してくれました。

久々に内側のボコッとした気持ち悪い感触と、マスクの閉塞感から解放されて、本当に小躍りしました。

 

ところが。

数日後にはまたぐんぐん伸びてこんにちは。

歯医者に行くと、「もう少し深く切ってみましょう」と、また切ってもらい。

このループです。

ほんとに。

このループが出産1ヶ月前まで続きました。

出産予定日が近づくと、歯の治療自体が出来なくなるので、通院はここで終わり、あとはこいつとお付き合いするしかありませんでした。

 

私の場合は、歯よりちょっと背が高くなるほどで、それ以上大きくなることはなく、他に影響もありませんでした。

 

そして出産後。

出産してからはとにかく赤ちゃんのお世話に上の子のこと、家のことなどで毎日忙しく、

本当に意識してなくて、すっかり忘れていて…

気付けばあいつはいなくなっていました。

どんどん小さくなった、とか、何日目に消えた、とかもわかりません(´-ω-`)スミマセン

 

気付けばいなかったです。

 

痕が残ったりとか痛いところがあったりとかもなく、ほんとに綺麗さっぱりです。

妊娠性ってほんとに不思議ですね。

 

見た目がほんとに気持ち悪いので、もし同じ腫れがあってお悩みの方がいらっしゃれば、早目に歯医者さんに相談されることをお勧めします!( ´ω` )

 

ちなみに、

子どもたちへの脅し効果は絶大。

 

 

======================

NAPBIZブログのアアプリができました!

お気に入り登録していただくと、更新通知が届きますのでよろしくお願いいたします!

Advertisement