子どもの言葉の発達①

長男2、3歳の頃。
とにかくどもりが酷かったです。

あ、あ、あのね、

い、い、いちごが、

等というレベルではなく、「それ何分続くの…?」というレベルで…「お花がきれいだったよ」

の一言が言いたいだけでも、

 

「おおおおおお、お、お、おはな、おはな、おはな、おはな、おは、おは、おはな、、、、」

 

といった感じで、なかなか次へ続かないのです。

 

これがちょっと進んでも、

 

「おはな、おはなが、きれい、ききき、きれい、きれ、きれい、きれい、おはながね、おは、おお、おはな、おはな、、、」

 

と、また文の先頭に戻ります。

 

私が色々せかすのがよくないのだろうか…

もうちょっとじっくり話を聞いてあげないといけないのだろうか…

 

まだ一人目の子育て中で、いろんな情報に敏感になっていました。

 

その中に、「はやく!」とせかしちゃいけない、なんてのもありました。

 

当時は何がいけなかったのか、どうすればいいのかちょっと真剣に悩みました。

 

少し続きます(*‘ω‘ *)

Advertisement