おにいちゃんとゲゲゲの人生展。

今更なんですが、昨年11月、水木しげる先生の「ゲゲゲの人生展」へ行ってきました。

長男は鬼太郎が大好きで、ずいぶん前から「絶対行こうね」と約束していたのですが、この頃次男の発熱が続いたりで、なかなか行くことができませんでした。

なんとか時間を見つけて連れて行くことができて良かったです!

ちゃんちゃんこを着ていきたいと言われたのですが、うちのちゃんちゃんこは長男が小さい頃に私が手作りしたもので、もうピチピチだしボロボロだし…。会場は美術館だし…。

「今回はやめとこうぜ…」

と、なんとか説得して私服で行きました。

(でも手作りの目玉のおやじはつけていった)

当然美術館の中は撮影禁止なので、外だけ許可を貰って撮影。

水木先生の小さい頃に描いた絵や、戦地で藁半紙に描いたスケッチ、生原稿などの展示物がありました。

どの絵も細かく丁寧に線が一本一本引かれていて、とても繊細でした。長男が持っている妖怪辞典などの本で見る、印刷されたイラストも、それは細かく綺麗ですが、生で見るイラストは全然違う迫力がありました。

中でも衝撃を受けたのは「総員玉砕せよ!」の生原稿です。

魂を込めた作品というのはこういうことを言うんだろうなと…。

鬼太郎好きな長男のために連れてきてやった、くらいの気持ちだったのが、気付けば自分がのめり込んで見ていました。

長男も、子どもにはちょっとヘビーかなと思いましたが、飽きることなく全ての作品を真剣に見てくれて、連れてきて本当に良かったなと思いました。

「人生展」と銘打った通り、水木先生が生まれてから亡くなるまでの作品や私物を並べてあるのですが、戦時中の作品や私物のところでは、長男と戦争について話し合ったりすることができ、親子揃って勉強になりました。

この鬼太郎かわいい。

漫画のコマの中で写真撮影ができました。

水木先生の部屋再現。

 

そして会場外には物販!

なかなか普段鬼太郎グッズをその辺で買うことができないので、いつも通販(妖怪舎さん)を利用して購入しています。

いつも、ネットで見ていた商品がずらっと。

思わず凄いデカイ声で言った長男。

欲しかったグッズをたくさん買って、おみくじを引いて帰りました。

期間中、展示物が前半と後半でかわるとの事で、二回行く予定だったのですが、時間がなくて結局前半の一回しか行くことができませんでした。

今年は鬼太郎アニメ6期も始まる事だし、是非またやってほしいです!

Advertisement