そこまでしなくていいよ、長女。

学校から電話…。

先日、学校から電話がありました。

なんでも、長女のクラスの男の子同士でトラブルがあったらしく…。

それに、なんの関係があるの?と思ったのですが。

男子の喧嘩を目撃した長女。

なにを言い合っているのかはわからなかったようですが。

次の瞬間。

片方が、お友達の傘を取り上げて川(用水路)に投げたそうです。

傘は用水路へ…。

用水路に落ちたものの、

誰も拾う様子もなく、傘が心配になったそうで…。

拾わなきゃ。

そう思ったそうです。

結局川に入って拾った長女。

傘は長女が拾って返してあげたそうです。

それで、学校から電話が。

 

川に入るのは危険だからやめてほしいこと。

そういうことがあったら先生か大人を呼んで欲しいこと、

長女が拾う必要はないこと、を話しました、と言われました。

 

帰宅した長女に詳しく聞くと。

と、大泣きして言われました。

 

誰かがやらなきゃいけないと思ったのは偉いよとまずは言いましたが。。。(´-ω-`)

 

少しの水しか無くても、危ないから絶対川に入ったらいけないこと。

そういうときは大人を呼びなさいと言いました。。。

結構そういうところがある長女。

そこが心配要素でもあります。

みんなが嫌がっていることを、私がやればいいや、と思ってやるところがあって、

お友達と遊んでいる中でも、イヤな役割をしているところを見かけることがあります。

 

押し付けられて、という感じでは無く、

みんな嫌がってるだろうな、じゃあ私やろうかな、という流れで、

決してお友達が悪いわけでも無く…(´-ω-`)

 

長女のいいところでもあるんだけど、きちんと自己主張して、

それはいやだと言えることも必要だと思います。

 

さすがにちょっと心配になった出来事でした。

 

そこまでしなくていいよ、長女。

Advertisement