おねえさんになったね。

先日、私が長女と一緒によその子どもさん(長女のお友達)を迎えに行くことがありました。

その子のところへ行き、「お母さん待ってるからおばちゃんと帰ろう」と声をかけると。

 

「おかあさんは?わたしのおかあさんは?」

 

と、寂しそうに聞かれました。

お母さんちょっと都合悪いからおばちゃん頼まれたんだよ、と言っても、「どうしておかあさん来ないの」ととても不安そうで…。

ついてこようとしないので困っていると、

長女がさっと入って言ってくれました。

「○○ちゃんのおかあさんどうしたの」とか「なんで来ないの」とか聞いてくるでもなく、さっと間に入って、「私と一緒に行こう!あっちまで競争しよう!」と言い、

その子と一緒に走り出しました。

 

いつもなら、なんで〜どうして〜?と聞いてきそうなものなのに、空気読んで連れ出してくれて、本当に助かりました。

 

親バカだけれども、

 

この子偉いわ〜

 

と感心しました (*´◡`*)

 

お友達である長女に「一緒に行こう!」と言われたら、その子は喜んでついて来てくれて。

お母さんが迎えに来なくて泣きそうだったのを、「あっわたし、間違えて違う子の靴履いちゃったよ!うっかり!」などど長女ジョークを交えて笑わせながら連れて行ってくれました。

 

6歳児に救われた私( ´ω` )

 

私のことも、お友達のこともよく考えてくれて、ほんとに偉いなあと思った出来事でした( ´ω` )

しかしあまり気遣いばかりしないようにね。

Advertisement