突然の訪問者。

玄関のドアを叩き叫ぶ声。

つい先日の話です。

晩御飯の唐揚げを揚げていると…。

えっ

なになになんなの

怖いんだけど。

玄関のドアをバンバン叩きながら助けを求める声。

 

道を尋ねるとか言う雰囲気でもなく、もっと切羽詰まった感じ。

表で何かあったかな。。。

とにかく怖い。

しかしほんとに丁度手が離せなかった私。。。

慌てて出て、火事を出すわけにもいかないので、ひと段落してから出る事に…。

 

声の主はどうやらおばあちゃんのようです…。

おばあちゃんなら大丈夫かな…

どうだろう…………

ドア越しに話したところ、本当に困っているようなので出る事に…

恐る恐る出てみると…

そこにはスマホのライトをギラギラさせて困惑しているおばあちゃん…

ちなみに知らない人…

どうやら散歩中のよう。

しょうこさんって誰だよ…

スマホのライトが消えなくて困っていた…

それならそうと言ってくれればよかったものを、

助けてくださいと喚くものだから本気でビビりました…。

 

そんなにパニックにならなくても大丈夫ですよ…。

横で聞いていた長男が素早くオフ。

おばあちゃんは何度も頭を下げて去っていかれました。

結果、いい人で良かったです。

 

なんか、大変な事だったらどうしようかと思った(´-ω-`)

スマホのライト、つけると1秒ごとに料金が発生するくらいに思ったんでしょうか…。

 

それにしても、

 

Advertisement